2005年11月14日

なぜFaxDMが効果があると断言できるのか?

普通、飛込み営業やテレアポで営業する場合と、問い合わせてきたお客さんに営業する場合と、どっちが営業しやすいですか?

もちろん後者ですよね?

問い合わせてきたお客さんの方が買う確率は高そうだし、過剰な値引もなく営業労力も少なくて済みそうです。営業マンも過剰なストレスにさらされることはありません。

 

でも、きっとあなたはこう言うでしょう。

「そりゃそうだけど、問い合わせしてくるお客さんなんてほとんどいないよ!」

では、もし、問合せをしてくるほどの優良な見込み客のリストが格安で手に入るとしたら、あなたはどうしますか?この見込み客リストは高い確率であなたの顧客となる人のリストです。あなたは、この見込み客リストを買わない言い訳をしますか?

 

しないですよね?

 

あなたが興味あるのは1点だけじゃないですか?その見込み客リストは、一体いくらなんだ??と。実はFaxDMが得意なところはココなんです。

 

「(買ってくれそうな)見込み客を集める」

FaxDMを送信すると見込み客が手を挙げてくるんです。
「私はあなたの見込み客です」と宣言してくれるのです。

 

正直、快感です。

だから、FaxDMはニーズがあるんです。格安で手間なく見込み客を集客できるツールは他にありません。中小企業にとっては起死回生の一撃になるんです。

 

テレアポや飛込み営業とは全く逆の発想です。あなたがお客さんを探すのではなく、お客さんがあなたを探します。お客さんから逆指名を受ける営業方法です。テレアポや飛込み営業で、嫌味を言われたり、バッサリと断られることもありません。ですので営業活動におけるストレスは激減します。

 

でも、ちょっと待ってください。ここで1点だけ注意があります。FaxDMには向いていない商材があるんです。なんでもかんでもFaxDMなら解決!というわけではありません。

FaxDMに向いていない商材・サービス

個人向けの商品・サービス
大企業・官公庁向けの商品・サービス
ターゲットとなる法人の絶対数が少ない場合

要するに「送信リスト(名簿)」が集まりにくい場合と、大企業、官公庁をターゲットとする場合はFaxDMは難しいでしょう。逆に言うと、上記以外の商材であれば、FaxDMに向いていると言えます。

あなたの商材はFaxDMに向いていますか?


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by シーバイクロエ バッグ   2013年12月12日 17:37
“I’ve never thought of it, my dear boy, I’ve never thought of it; I don’t want any orphan girl. She’ll remind me of our bitter lot, our misfortune! I want no one but Natasha. She was my only child, and she shall remain the only one. But what does it mean that he should have thought of an orphan? What do you think, Ivan Petrovitch? Is it to comfort me, do you suppose, looking at my tears, or to drive his own daughter out of his mind altogether, and attach himself to another child? What did he say about me as you came along? How did he seem to you ? morose, angry? Tss! Here he is! Afterwards, my dear, tell me afterwards. . . . Don’t forget to come tomorrow.”
シーバイクロエ バッグ http://kikuoka.com/image/chloebags3.php

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
FaxDMのプロ集団       左から高橋、鈴木、仁藤
残念なことに、日本ではマーケティング(集客)の重要性がまだ浸透していません。アメリカに比べて1年以上遅れていると言われています。
だからチャンスなんです。私共にとってもあなた方にとってもチャンスなんです。すぐれたツールとノウハウでライバルを圧倒できます。ダントツ企業になれるチャンスなんです。このチャンスをお互いにモノにしましょう!
Archives