2006年03月06日

FaxDM 料金と効果の考え方について5

通常、FaxDMをやっているところを探す場合、インターネットなど検索でより安い価格帯を探す方が多いですが、例え目先の金額をいくら安いところを探したとしてもそれだけでは無駄な広告費になる可能性が非常に高いです。

なぜなら、少しでも安いのが良い場合は「FaxDMで大切な要因を押さえたうえで、同じサービスを受けられる場合に限るから」です。例えば電化製品でいうと、どこで買っても同じメーカー同じ商品であれば、より安いところに越したことはありませんが、あなたが考えているのはFaxDMという「広告」というものなのです。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
FaxDMのプロ集団       左から高橋、鈴木、仁藤
残念なことに、日本ではマーケティング(集客)の重要性がまだ浸透していません。アメリカに比べて1年以上遅れていると言われています。
だからチャンスなんです。私共にとってもあなた方にとってもチャンスなんです。すぐれたツールとノウハウでライバルを圧倒できます。ダントツ企業になれるチャンスなんです。このチャンスをお互いにモノにしましょう!
Archives