広告の反応を上げる方法

2007年11月28日

広告の反応が良い業界とは?

 

FaxDMコンサルタントのeパートナー高橋です。

有料のDVDでも紹介していますが、
広告を出して反応が良い業界というものがあります。
そういう業種はいくつかあるんですが、
今回紹介するのは、「社会保険労務士業界」についてです。

この業界はFaxDMの反響がすこぶる(・∀・)イイ!
反応が良いので、FaxDMをガンガンに撃ちたいところですが、
名簿が7000件しかないのが残念なところ。

社会保険労務士に対してFaxDMを送信すると、
反響率1%を超えることも可能です。
過去には反響率4%を越えたこともありました。

社労士向けのサービスがあれば、FaxDMを試してみて下さい。

 


このブログの読者には社労士の方も多いと思います。
今回はそんな社労士の方に特別なお知らせです。

それは、「反響保証付きのFaxDM」 です。

0.2%の反響を保証するFaxDMをテスト的に始めます。
例えば、5000件にFaxDM送るとしたら、
少なくとも10件の問い合わせを保証するということです。

原稿は既に出来ています。
事前テストでは、反響率0.37〜0.55%でした。
エリアによって反響が異なりますが、うまくいけば
0.55%以上の問い合わせを得ることもも可能だと思います。
特に地方在住の社労士の方におすすめです。

内容は「パートタイム助成金」についてです。

利用するメリットは
1、既に原稿が出来ているので手間がかからない。
2、反響が保証されている
3、助成金なので詳細な知識不要で契約できる
4、最短3日でFaxDM送信可能


興味がある方はクリックしてみて下さい。


↓社労士専用、問い合わせ保証付FaxDMの情報はコチラ↓
http://www.e-ptn.com/sr2.htm

※同じエリアに複数の社労士がいる場合、最初の方にやった人が一番おいしいです。

 

 


2007年11月05日

ちょっとした工夫で広告の反応を上げるコツ

 

先日テレビを見ていたら、すごいCMがありましたので
ご紹介しますね。

ひょっとしたら関東だけのCMかもしれませんので、
地方の方はイメージ力をアップさせながら
読んでみて下さい。

ちなみに、このノウハウは色々な広告で使えると思いますよ。

 


先日の夜の話です。
何の番組か忘れましたが、いいところでCMに入ってしまいました。
トイレにでも行こうかな…と考えていると、ブラウン管から
「ではクイズです!」
と、ラサール石井がしゃべっています。

あれっ?と思いながらもトイレに行かずに
テレビを見ていると、クイズが始まりました。

「渡り鳥が飛ぶときに"V字"になって飛ぶのはなぜ?」
みたいなクイズでした。

山口もえが、相変わらずボケた回答をした後で、
うんちく王の伊集院光が正解を答える、というような内容です。

 

答えは「気流を作って飛びやすくするため」だそうです。
「ふーん」と思っていると…

「気流をコントロールするエアコンはこれ!」
みたいな、商品説明が始まりました。

なんとこれは「クイズ番組の形をしたCM」だったのです。

 

 

すげぇ。
CMなのに全部見ちゃった。
CMといえば、トイレに行くか、
他のチャンネルにカチャカチャ変える時間ですよ。普通。
でも見ちゃった。

 

これってすごいノウハウだと思いませんか?

普通はCMはCMっぽく作りますよね。
でもCMは誰も一生懸命は見てくれない。
だって人はCMを見たいわけじゃなくて、
番組を見たいからテレビをつけているのですから。
普通はトイレタイムになってしまいます。

でもCMをCMっぽく見せなければ、
多くの人が思わず見ちゃうんですね。


つまり、広告は広告らしくない方が見られるということです。

 

誰も広告を好んでは見たくない。
皆さんの共通した考えだと思います。


例えば、メール広告。
最近のヘッター広告はクリックすらされません。
雑誌・新聞では記事部分だけ読んで、広告部分は読み飛ばされます。
郵送DMは、開封すらされずに捨てられます。
FaxDMは、チラっと見て中身を読まずに捨てられます。


つまり、広告は広告だと認識された時点で
読み飛ばされるものです。

逆に言うと、広告っぽくないものであれば
最後まで読まれる可能性があることになります。

 

このノウハウは結構色々な場面で使われています。
例えば、メール広告を、記事風に書くとか、
雑誌や新聞でも記事風広告が反応が高いみたいです。
郵送DMの場合は手書きで茶封筒で送る、などなど。


これらのテクニックはすべて「広告臭さを無くすため」なんですね。
FaxDMでも広告臭さを無くすと、反応が上がります。

例えば手紙調のFaxDMは通常の2倍の反響が取れますのでおすすめです。

↓広告臭さがないFaxDMの成功事例を知りたい方はコチラ↓
http://www.e-ptn.com/faxdm_k2.htm


 

 


Profile
FaxDMのプロ集団       左から高橋、鈴木、仁藤
残念なことに、日本ではマーケティング(集客)の重要性がまだ浸透していません。アメリカに比べて1年以上遅れていると言われています。
だからチャンスなんです。私共にとってもあなた方にとってもチャンスなんです。すぐれたツールとノウハウでライバルを圧倒できます。ダントツ企業になれるチャンスなんです。このチャンスをお互いにモノにしましょう!
Archives